ポスティング業者の選び方で迷っていますね。

結論から言うと、良いポスティング業者は3つのポイントを比較すれば分かります。料金・地域力・管理体制の3点です。

基本的にどの業者も「チラシを配る」を配る点では一緒ですが、いくらで配るのか?どこに配るのか?どんなスタッフが配るのか?といった部分で、費用対効果に差が出ます。

最終的にチラシを「利益」に結びつけられる業者はどこになるのか、見るべき3つのポイントをお伝えします。丁寧に解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ポイント① 適切なポスティング料金か

まず、業者のポスティング料金を見ましょう。高すぎず低すぎない費用になる業者を選んでください。

料金が高すぎないか

ポスティング料金が高すぎるのはよくありません。費用をかけすぎると、反響の出方しだいでは広告赤字になってしまうからです。

実際に、一般的な配布の場合チラシの反響率は0.1%程度。チラシの反応1人あたりに、1,000枚分の配布料金がかかる想定です。特に成約単価が低い業種の場合、チラシの効果に対して費用が高すぎる可能性も充分あります。

このため、基本的にはできる限り費用を抑えられる業者を選び、チラシの費用対効果を担保してください。高すぎる配布単価は、セグメント配布など特殊なプランで反響率が高まるのでなければ、リスクが大きいでしょう。

料金が低すぎないか

基本的には費用を抑えるべきですが、あまりに料金が低い業者もオススメできません。特に1枚2円以下のような配布料金では、きちんと配布を行ってもらえない可能性が高いからです。

実際、ポスティングは人が1枚1枚配布するアナログな作業になりますので、人件費がかかります。スタッフが1時間に配れる目安は300〜500枚程度。1枚あたりの配布に少なくとも3円はかかっています。

このため、料金が相場よりも低すぎる業者は、明確な理由がない限り採算がとれません。実は配布をせずにチラシを廃棄しているなど「ごまかし」をしている可能性があるため依頼しないでください。きちんと配布されていなければ、料金が安くても意味がありません。

ポイント② 配布先の地域に強いか

料金の次に見たいのは、業者が配布先のエリアに強いかどうか。つまり、地域力です。地域情報を握っている業者を選んでください。

地域データを持っているか

検討している業者が、地域のデータをきちんと所持しており、それに基づいた提案を行ってくれるかも確認してください。

たとえば、地域の統計データであるGISデータがあります。どの地域に、どういった属性(年代・性別など)の住人が住んでいるかのデータで、これを使ってより最適なエリア選定を行ってくれるかで、チラシの反響率に差が出ます。

また、細かいところでは地域のマンションのリストを持っているかも重要です。マンションのデータを持つ業者は少数ですが、反響ポスティングの場合、築年数や居住人数、賃料などに基づいて住居単位で絞り込む反響率の高い配布も行います。

このため、地域のデータを持つ業者ほど効果の高いポスティングを行えます。迷ったら、より情報力のある業者を選んでください。

地域に営業所・事業所はあるか

配布したい地域の付近にポスティング業者の拠点(営業所・事業所)があるかも確認してください。地域に拠点を持つ業者は、データだけでは見えない地域情報をよく知っているからです。

たとえば、その地域ではどこに配れば反響が出るのか?どう配れば効率の良い配布が可能か?など、営業所のある業者なら、地域でのくり返しの配布から得られる情報を持っています。しかし付近に営業所がない場合、配布作業はほぼ外注されておりポスティングの品質は期待できないでしょう。

このため、地域拠点のある業者なら、そのエリアのポスティングに強いため信頼できます。こうした地域業者を優先して選んでください。

配布したい地域に対応しているか

念の為、その業者が配布したい地域に対応しているかも確認してください。業者によって対応している範囲が違うからです。例えば反響ポスティングでは東京・横浜・川崎に対応していますが、その他では承っておりません。

業者のサイトには対応している地域が掲載されていますので、必ず見ておきましょう。全国対応と記載されていても、実は一部の地域には対応していないケースもあります。

ポイント③ 品質を保証する管理体制があるか

GPS追跡システム

最後に、業者のポスティング管理体制について見てください。ポスティングの品質に関わります。

自社スタッフで配布しているか

品質に最も大きく影響するのが、自社スタッフで配布を行っているかどうかです。配布を行うのが自社スタッフでない場合、品質が保証されるとは限らないと思ってください。

実際の配布を行うのがその業者のスタッフではなければ、別の業者に外注されます。その時々で誰が配布するのかは分かりませんし、管理が行き届いているとは言い切れません。自社スタッフで配布を行う業者なら、教育・管理の行き届いたスタッフなので責任を持ってチラシを配布してくれます。

このため、きちんと配ってくれる業者を選ぶなら、配布は自社スタッフかどうかを一番に見てください。

GPSで配布員を管理しているか

GPSで配布員を管理しているかどうかも確認してください。きちんとチラシを配布する業者は、GPSロガーを配布員に持たせています

GPSがあることで、配布員が地図上でどこを配布して周ったのか確認がとれます。地域に漏れなく配れているか常にチェックされる為、配布スタッフも業務を怠りません。GPSによる管理体制があるなら、きちんと配ってくれる可能性が高いと見て良いでしょう。

クレームを防止・対応してくれるか

クレームを防止・対応してくれるかどうかも確認してください。

実際に、ポスティングをすれば一定のクレームは出ます。しかし、過去にクレームの出たポストには投函しないなど、対策されているかは業者によって違います。Webサイト上でクレーム対応について明記されていないなら、クレーム対応を重要視していない可能性が高いです。

このためクレームを防止してくれるか、万が一発生した場合の対応は行ってくれるか、事前に確認してください。

配布後の報告はあるか

配布後の報告についても確認してください。ほとんどの業者では配布後に報告があると思いますが、もし問い合わせて返答が曖昧な場合、そもそもの配布されているのかに疑いがあります。

また、実際にどの日にどれだけの枚数をどこに配ったのか、このデータが手に入るかどうかで、次のポスティングへの改善も違ってくるでしょう。実際の反響と照らし合わせて、改善していくにはデータが欠かせません。

このため配布後の報告体制については事前に業者に確認しておいてください。

ポスティング業者を比較する手順

ポスティング業者を選ぶ際の比較ポイント3つについて見てきました。まず料金、その次に地域力、最後に管理体制を見るようにしてください。

実際にポスティング業者の比較を行う場合、次のような手順で行ってください。

候補となる業者を棚卸しする

配布したい地域に対応している業者を探して、1つずつ棚卸ししていきましょう。候補として5つ程度あれば充分でしょう。まだこの段階ではどの業者も差がないように見えるかもしれませんが、明らかに怪しい・信用できない業者は候補からは外しましょう。

料金を比較する

明確に違いが出る料金から見てください。ポスティング料金は、通常1枚あたりの単価でウェブサイトに記載されています。必ず、単価に予定枚数をかけて比較してください。配布枚数が多くなるほど料金差が大きくなるからです。単価0.5円の差でも、10万枚では5万円の差になります。大量の配布の場合、割引できないかも確認すると良いでしょう。

料金を比較した上で、納得できる費用で配布してくれる業者に候補を絞ってください。チラシのサイズや重さによっては料金に変動があるため、有力候補の業者なら、実際の見積もりをお願いしてください。

配布地域に強いかどうかを比較する

料金面での差を検討したら、効果的なポスティングをやってくれるかどうかに直結する地域情報力を比較します。特に、チラシの反応率が低くなりがちな特殊な商品やサービスのチラシは、ここで差がつきます。反応率の高い配布プランを提案してくれるような業者は、必ず地域の情報を持っています。

地域に拠点があるか、また地域のデータを持っているかどうかは、業者のウェブサイトを見たり、直接問い合わせて、確認してください。より効果の高いポスティングをやってくれそうだと思える業者を選びましょう。

管理体制をチェックする

業者を1つに決めて依頼する前に、本当に信頼できるのかどうか、ちゃんと配布してくれるのかどうか、最後のひと押しとして、管理体制をチェックしてください。

特に、自社スタッフで配布を行っていて、教育管理が行き届いている業者は信頼できます。実際に配布を行うのは業者の担当者ではなく、配布スタッフになるからです。

ポスティングを依頼する

ここまで比較をして、不安要素を取り除いたのであれば、あとは大丈夫です。業者を信頼して、ポスティングを依頼してください。

チラシの配布開始日などの交渉を済ませたら、チラシを業者に送ります。これでポスティング開始です。配布が終了したら、報告を受け取るようにしてください。

またチラシから反響があれば、なるべく業者にも伝えましょう。次回のポスティングの提案があるかもしれません。ポスティングは1回きりではなく、何回もくり返し行うものです。信頼できるポスティング業者と、効果検証をしながら実施していってください。

まとめ

ポスティング業者を選ぶ際は、料金・エリア・管理体制の3つの観点で比較してください。納得できる・信頼できる業者は、自然と絞り込まれるはずです。これだと思える業者なら、ぜひポスティングを依頼しましょう。

反響ポスティングでは、1枚3.5円〜、東京・横浜・川崎エリアでポスティングを承っております。地域の各営業所から自社スタッフによる配布を毎日おこなっていますので、ポスティングを検討されているなら是非ご相談ください。

お問い合わせはこちら