「東京都で集客を目指したい」と思ったときに一番最初に気になる部分は「広告費の予算」ではないでしょうか。

広告費用は、上限を見たらキリがなく、あらかじめ自社の余力を考えながら予算を決めてどのような広告を打ち出すか決めなくてはなりません。

当ページでは、広告の中でも比較的安価で行え予算に融通が利きやすい「ポスティング広告」の価格相場についてご紹介しております。

東京都で自社サービスや事業の広告を検討している際に是非ご参考に下さい。

ポスティングにかかる費用は?

まず初めにポスティングにかかるかかる費用の相場を知りましょう。

一言にポスティングといっても、戸建てが多い住宅街やマンション(集合住宅)の密集地など地域の特性によって大きく異なります。

ポスティングの相場を理解すれば、ある程度チラシ広告に使える予算が見えてくることでしょう。

ポスティングの相場は1枚5円から

ポスティングの料金は、

  • 配布期間
  • 配布エリア
  • チラシの大きさ
  • 戸建て・分譲マンション・賃貸などの住居形態

などによって、費用は異なります。

配布期間が短くなれば費用単価は上がりますし、チラシが大きくなればなるほど配布員の負担も多くなりますので高くなる傾向があります。

一番安い費用ですと、

「A4サイズのチラシを1か月かけて軒並み(戸建てやマンション、賃貸にこだわらず人が住んでいれば配布すること)に配る」ことで、1枚あたり3.5円で承っております。

しかし、広告というものは生モノで1か月もかけて配布していますとすぐに旬が過ぎてしまいますし、期間限定のキャンペーンなどを打ち出すことも出来なくなります。

目新しい情報をお客様にアプローチをするという上で、1週間~長くても2週間ぐらいの配布が好ましいと思いますので、1枚当たりの予算は5円からになるでしょう。

 

当社の詳しい価格帯は下記のページをご参照ください。

単価制と反響制の違いは?

ポスティングの費用は、「1枚あたり〇円」という単価制と、「反響が出たら報酬の〇割」という反響制の2種類があります。

単価制の場合、配布エリアや希望配布枚数を明確にしておれば予算を大きく上回ることがないですし、あらかじめ広告へ投資できる費用を決めることができます。

反響制の場合、チラシ配布で利益が出た場合に当社にその利益の一部を「ポスティング費用」としてお支払いするイメージになりますので先出しにかかる費用がありません。

どちらにおいてもメリットデメリットがあり、それぞれにあった業種がありますので一概に「どちらがオススメ」とは言えません。

 

東京都23区でポスティングを行う場合の費用相場は?

では実際にポスティングを利用して東京都で配布する場合、どの程度の予算が必要になるのでしょうか。

23区を中心に「A4チラシを2週間で配布した場合」で考えシミュレーションを行いましたので参考に見てみましょう。

※当ページでは平均相場になります。住宅状況や配布環境によって金額は異なりますので予算の参考とお考え下さい。※

東京都千代田区の場合

皇居を中心とした千代田区の人口は、約6万4000人と東京23区では最も少ない地区になります。

千代田区の総世帯数は、36095世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:35610枚:142,400円
  • 集合住宅配布:11720枚:52,740円
  • 戸建て配布:1380枚:11,040円

が平均的な予算となります。

東京都中央区の場合

中央区の人口は約16万人です。ビジネス街のため日中の人口は増加しますが、実際に住んでいる人は案外少ないエリアです。

中央区の総世帯数は、92126世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:71110枚:319,995円
  • 集合住宅配布:34160枚:136,640円
  • 戸建て配布:3510枚:28,080円

が平均的な予算になります。

 

東京都港区の場合

オフィス街や商業複合施設が多く立ち並ぶ東京都港区の人口は約25万人。

居住形態のほとんどがタワーマンションや独身用の賃貸マンションで、世帯数の割には戸建て住居は少なくなっています。

高収入世帯も多いので、比較的高単価な案件でも人気の高いエリアです。

港区の総世帯数は、146187世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:117440枚:528,480円
  • 集合住宅配布:74410枚:297.640円
  • 戸建て配布:7670枚:61,360円

が平均的な予算となります。

 

東京都新宿区の場合

日本を代表するビッグタウンの1つである新宿区の人口は約34万人です。主にファミリー層よりも独身世帯が多く小型のマンションやアパートが多いことも特徴的なエリアになります。

新宿区の総世帯数は、219362世帯。

配布予定枚数は、

    • 軒並み配布:163330枚:737,985円
    • 集合住宅配布:101730枚:42,920円
    • 戸建て配布:18420枚:147,360円

が平均的な予算となります。

 

東京都文京区の場合

昼夜人口に差がない文京区の総人口は約22万人で、オフィスよりも教育機関が多く集まる文学エリアになります。主要駅周辺には学生を上京した学生をターゲットとした賃貸アパートなども多く集まり、ファミリー層は比較的少なめの地域です。

文京区の総世帯数は、121051世帯。
配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:90860枚:408,870円
  • 集合住宅配布:53610枚:214,440円
  • 戸建て配布:15900枚:127,200円

が平均的な予算になります。

 

東京都大東区の場合

23区の中では最も小さな面積ながら約20万人の人口を持つ大東区。浅草などを中心に観光エリアとしての人気が高く日本の伝統的なエリアともいえるでしょう。

上野駅などのターミナル駅をもつ大東区の総世帯数は、119041世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:92440枚:415,980円
  • 集合住宅配布:40930枚:163,720円
  • 戸建て配布:15420枚:123,360円

が平均的な予算となります。

東京都墨田区の場合

約27万人の人口を持つ墨田区は、観光スポットや住宅街がほどよく混在したエリアになります。

錦糸町エリアあたりまで足を運ぶと戸建て住居も増えるので、ファミリー向けの案件や事業の反響も期待できそうです。

墨田区の総世帯数は、150916世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:111860枚:503,370円
  • 集合住宅配布:54670枚:218,680円
  • 戸建て配布:20570枚:164,560円

が平均的な予算となります。

 

東京都江東区の場合

東京都23区の中でも多くの人口を持つ江東区の総人口は約52万人。この人口は鳥取県とほぼ同じ人口数になります。

東京湾に面する臨海部は土地単価も高く高所得者向けのタワーマンションも多いので、ポスティング予算を組む際は少し余裕をもって見積もることをオススメします。

江東区の総世帯数は、267240世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:186150枚:837.675円
  • 集合住宅配布:111200枚:444,800円
  • 戸建て配布:20400枚:163,200円

が平均的な予算となります。

 

東京都品川区の場合

有名大手企業が多く集まる日本屈指のビジネス街である品川区の人口数は、約39万人。

商業施設やオフィスのイメージが強い品川区ですが、想像以上に保育園が多かったり子育て環境が整っているなどの理由で案外ファミリー層も多く居住しています。

品川区の総世帯数は、220909世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:155830枚:701,235円
  • 集合住宅配布:90750枚:363,000円
  • 戸建て配布:27280枚:218,240円

が平均的な予算となります。

 

東京区目黒区の場合

坂の多い地形をしていますが、緑の豊富さや治安の良さから子育て世代に人気の高い目黒区。総人口は約28万人になります。

交通の利便さや商業施設の豊富さで住みたい街ランキングには必ず上位に位置するなど注目度も高いエリアです。

目黒区の総世帯数は、156680世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:113760枚:511.920円
  • 集合住宅配布:66900枚:267,600円
  • 戸建て配布:25830枚:206,640円

が平均的な予算となります。

 

東京都大田区の場合

面積人口ともに東京都23区内ではトップクラスの大田区の総人口は約73万人。居住地や住宅街の割合も多くなっていますが、総面積が広いためポスティングを単独配布員で行うことは困難です。

大田区でポスティングを行う場合、配布人員を増やしできる限り広い範囲でアプローチできるようにすることが成功への近道と言えるでしょう。

大田区の総世帯数は、391387世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:283630枚:1、276,335円
  • 集合住宅配布:148200枚:592,800円
  • 戸建て配布:65290枚:195,870円

が平均的な予算となります。

世帯数が多いため、他エリアよりも比較的予算が高くなっていることが伺えます。

 

東京都世田谷区の場合

日本一人口の多い地区町村である世田谷区の総人口は約90万人。面積も広く、東京都23区の中でもベッドタウン的な立ち位置になっています。

今後も人口増加は予測されており、いずれ100万人をこえるのではないかと言われている世田谷区。待機児童問題なども増えており、生活環境の整備が急ピッチで進められています。

世田谷区の総世帯数は、479843世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:342910枚:1,543,095円
  • 集合住宅配布:189210枚:756,840円
  • 戸建て配布:88550枚:708,400円

が平均的な予算となっております。

 

東京都渋谷区の場合

世界的にも知名度が高い渋谷区の総人口は約22万人。「暮らす街」というよりも「遊ぶ街」としての認知度が高く、居住者は単身者の割合が多くなっています。

渋谷区の総世帯数は、137727世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:106960枚:481,320円
  • 集合住宅配布:62680枚:250,720円
  • 戸建て配布:13040枚:104,320円

が平均的な予算となります。

 

東京都中野区の場合

山手線から少し出た中野区。新宿区などの中心区と隣接しているところから学生や若いサラリーマンなどに人気の高いエリアです。

人口数は33万人ほどですが、区全体が小ぶりのため人口密度は東京23区の中で3番目に多い地域になります。

実は人口密度が高いエリアは短時間で多くの方々にアプローチができるので、ポスティングを行う上では大変有利です。

中野区の総世帯数は、204590世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:147910枚:665,595円
  • 集合住宅配布:87120枚:348,480円
  • 戸建て配布:28260枚:226,080円

が平均的な予算となります。

 

東京都杉並区の場合

日本のサブカルチャー産業で秋葉原の次に注目が浴びつつある杉並区の人口数は約58万人。治安もよく緑豊富な土地柄で、ファミリー世帯も多いエリアになります。

杉並区の総世帯数は、321512世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:263340枚:1,185,030円
  • 集合住宅配布:147500枚:590,000円
  • 戸建て配布:62670枚:501,360円

が平均的な予算となります。

 

東京都豊島区の場合

池袋を中心とした高層ビルエリア、巣鴨のような高齢者に人気の高いエリアなど様々な特徴が混在する地域で、人口数は約29万人になります。

区全体の面積が狭く、人口密度の高さは23区でトップです。狭い地域ながらエリアごとに特性が異なることが豊島区の魅力でしょう。

豊島区の総世帯数は、179618世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:132640枚:596,880円
  • 集合住宅配布:78550枚:314,200円
  • 戸建て配布:23770枚:190,160円

が平均的な予算となります。

 

東京都北区の場合

東京都23区の中では、良くも悪くも東京らしさがなく庶民的なイメージが強い北区の総人口は約33万人。

少子高齢化の進行が問題視されていますが、デジタル社会に不慣れな高齢者が多いエリアはポスティングを行う上では大変有利とも考えられています。

世帯数の割に戸建て数も多いので、戸建て向け案件などにも反響が期待できるエリアです。

北区の総世帯数は、196590世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:142580枚:641,610円
  • 集合住宅配布:83510枚:334,040円
  • 戸建て配布:30630枚:245,040円

が平均的な予算となります。

 

東京都荒川区の場合

区の面積はわずか10km2しかない荒川区。人口数も少なく、総人口は約21万人となっています。

もともとは工業地帯が広がっていましたが、近年では高層マンションなども増え急ピッチで整備された教育や保育環境の評価が高く、ファミリー世帯も年々増加傾向にあるエリアです。

荒川区の総世帯数は、115924世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:85390枚:384,255円
  • 集合住宅配布:41710枚:187.695円
  • 戸建て配布:18920枚:151,360円

が平均的な予算となります。

 

東京都板橋区の場合

荒川を堺に埼玉県と隣接している板橋区の総人口数は約56万人で、東京都23区の中では7番目に多い地域になります。

全体的には住宅街が広がり、都心のベッドタウンとしての立ち位置といえるでしょう。

板橋区の総世帯数は、309207世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:223490枚:1,005,705円
  • 集合住宅配布:130130枚:520,520円
  • 戸建て配布:41680枚:333,440円

が平均的な予算となります。

 

東京都練馬区の場合

世田谷区に次ぐビッグタウンである練馬区。総人口は約73万人になります。

全体的に閑静な住宅街が広がっており、戸建てと集合住宅のバランスもよいことからポスティングを行う上で人気の高いエリアでもあります。

総世帯数は、370944世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:302870枚:1,362,915円
  • 集合住宅配布:151650枚:606,600円
  • 戸建て配布:77690枚:621,520円

が平均的な予算となります。

 

東京都足立区の場合

区立公園の面積が多く、23区の中では戸建て住居も多い足立区。総人口は約69万人。川が多く自然と触れ合えるような環境が整っていることも足立区の魅力です。

足立区の世帯数は、346827世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:251770枚:1,132,965円
  • 集合住宅配布:128140枚:512,560円
  • 戸建て配布:70800枚:566,400円

が平均的な予算となります。

 

東京都葛城区の場合

下町感あふれる葛城区の総人口数は約46万人。町工場のような小規模事業も多くありますが、区のほとんどが住宅街であり集合住宅と戸建て住居のバランスが整ったエリアになります。

葛城区の世帯数は、233347世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:169650枚:763,425円
  • 集合住宅配布:73280枚:293,120円
  • 戸建て配布:51040枚:408,320円

が平均的な予算となります。

東京都江戸川区の場合

23区の中では一番左端に位置している江戸川区は、東京都の中でも郊外的な立ち位置になります。江戸川区の総人口は約69万人。

ファミリー層も多く居住していますが、家賃などの土地単価の安さから学生の一人暮らしなどにも人気の高いエリアです。

江戸川区の世帯数は、341691世帯。

配布予定枚数は、

  • 軒並み配布:246380枚:1,108,501,680円
  • 集合住宅配布:127740枚:510,960円
  • 戸建て配布:62710枚:501,680円

が平均的な予算となります。

 

まとめ

こちらで出した金額は、悪魔でも平均的な価格であり、もし大きなチラシや配布期間を短くするなどをした場合価格が変動いたします。

また、タワーマンションが混在するエリアでは料金が変動する場合もありますので、お考えの際は是非お気軽にお見積りください。